敏感肌 化粧品

敏感肌とは何なのだろう?

一般的に敏感肌とは、外部の刺激に弱い状態を指します。 
ですので、コスメ化粧品)でかぶれやすいお肌なのです。

 

 

普通の人が刺激だと感じない程度の微妙なものでも、敏感肌だと反応してしまいます。

 

例えば、肌に髪の毛が触れただけでも反応したり、化粧品に含まれている添加物などにも過剰に刺激を受けてしまいます。

 

 

 

敏感肌

 

 

 

敏感肌には実は種類が存在する?

 

 

敏感肌の種類

 

 

 

しかし、実は敏感肌には、先天的なものと後天的なものと二つ存在すると言われます。

 

 

つまり、生まれつき肌が弱く刺激を受けて痒みを感じたり、かぶれやすい体質は先天的な敏感肌です。

 

これは、肌が生まれつき薄い、乾燥しやすいなどの要素から、敏感に刺激に反応するものです。

 

 

 

後天的な敏感肌であれば、原因を改善する事で克服する事ができる

 

 

 

一方で、後天的な敏感肌とは、正常なお肌が誤ったスキンケアなどにより刺激を受けすくなった状態を意味します。

 

具体的には、過剰ないしは、誤った洗顔、クレンジングなどで、肌のバリアとして機能している皮脂を取り除いて

 

しまった結果、肌が敏感肌になったしまった例が挙げられます。

 

 

これは、角質バリア機能を壊したしまった事により肌が荒れやすい状態になっているのです。

 

 

それから、強い日焼け止めや睡眠不足や不規則な生活なども肌を弱くしてしまっている事もあります。

 

 

 

 

私自身がまさに、後天的敏感肌でした。それから、原因を特定する事で

 

敏感肌を克服した過去があります。

 

 

 

意外と多いのが後天的な敏感肌

 

 

 

この様にまずは、自分で敏感肌だと認識されている様であれば

 

まずは、あなたが先天的な敏感肌であるのか後天的なものなのであるのか

 

理解する事から始められる事をオススメします。

 

 

 

もし後天的なものであれば、原因を取り除く事で回復する可能性があるからです。

 

その上でこのサイトでは、敏感肌に適したスキンケアとコスメ・化粧品を紹介していきますので参考にして頂ければ幸いです。

 

敏感肌の為のスキンケアと化粧品(コスメ)について

上記では、敏感肌の種類や原因について解説してきましたが、どうであれお肌が刺激を受けやすい状態である事に変わりがありません。

 

そんな時は、これから紹介するスキンケアと化粧品(コスメ)を心掛けましょう。

 

まずは、化粧品はなるべく刺激の少ないものを選んだ方が良い思います。

 

最近では、敏感肌でも使える化粧品(コスメ)は多いですし、専用のブランドも存在するくらいですので

 

化粧品(コスメ)は、お肌に合わないものを無理に使わないで、合ったものを使用しましょう。

 

 

化粧品(コスメ)

 

 

 

 

具体的な化粧品(コスメ)の使い方

 

 

 

 

化粧品(コスメ)は、なるべく無添加のものを使うと刺激は少ないです。
具体的には、防腐剤・着色料・合成香料・アルコールなどフリーのコスメがオススメです。

 

 

そして、化粧品(コスメ)はいくつも使わないで極力シンプルにアイテム数を減らすのがベストです。

 

例えば、クレンジングはメイクを抑えてなるべく使わないで、固形石鹸などで洗顔します。

 

それから、洗顔は保湿美容液でお終いにします。

 

 

メイクは、パウダーファンデやさらに刺激の少ないルースパウダーがおススメです。

 

 

 

 

敏感肌メイク

 

 

 

お肌を敏感肌へと変えてしまうスキンケア

 

 

 

それから、日常のスキンケアでも間違った方法でおこなっている為にお肌を敏感肌へと変えてしまう事があります。

 

具体的には、クレンジングを不要な場合でもおこなっているケースです。

 

 

クレンジングは、メイクの油汚れを落とす為におこないます。

 

ですので、メイクオフする為に、油を浮かせて馴染ませる為に、洗浄力の強い界面活性剤が使われています。

 

後天的な敏感肌の中には、メイクをしていない場合でもクレンジング料で洗顔をしていたり
必要以上に長い時間メイク落としをする人が多い様です。

 

そういう場合は、クレンジング料の成分がお肌の潤いや皮脂を過剰に奪ってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

また、洗顔も同様で一日に何度も洗顔をしたり、執拗に洗顔をすると敏感肌へなる恐れがありますので

 

正しい方法でお手入れをしましょう。

 

 

 

 

敏感肌スキンケア

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌の弊害とオススメのコスメ

敏感肌であると、見た目が実年齢より老けて見えてしまうという傾向にある様です。
理由は、外部からの刺激を受けやすい状態となっていて、角質層やコラーゲンが破壊されてしまいます。
結果として、肌のハリ・弾力も弱くなり、老けた見た目になってしまうのです。

 

 

 

敏感肌がお肌のエイジングを加速させる?

 

 

以下は、お肌に敏感肌の老化にどの様に、影響を与えるかをまとめてみました。
お肌には、表面の角層・その下の表皮、そして一番下層の真皮と分かれていますが
それぞれに敏感肌の状態であると影響を及ぼします。

 

 

お肌の一番の表面 角層:  外部からの刺激を受けて肌の潤い成分が出やすくなっている為に、乾燥しがちの肌へ
お肌の真ん中の層 表皮:微弱炎症の為に、表皮の下にある真皮まで影響を与えます。
お肌の一番下の層 真皮:真皮までに刺激が到達すると、お肌のハリを保ってきるコラーゲンに影響がでて

 

ハリ・弾力も減少しています。肌もたるみ・シワなどが感じられる様になります。

 

 

 

敏感肌のクレンジング

 

 

敏感肌のクレンジング

 

 

敏感肌にならない為には、クレンジング料はとにかく優しいものを使いましょう。

 

また、メイクをしていないのにクレンジング料を使うのは、敏感肌へと自分で導いているの同じ事です。

 

クレンジングの時間もなるべく手短に済ませるのが理想です。

 

 

 

それから、敏感肌の方はできればメイクも控えめにして、

 

クレンジングをする機会を減らしお肌に刺激を与えない方が無難です。

 

 

 

敏感肌におすすめのクレンジング料

 

 

やじるし肌ナチュール「リッチモイストクレンジング」

 

 

 

 

 

敏感肌の洗顔

 

 

 

敏感肌の洗顔

 

 

洗顔については、お肌を何度も洗顔する必要はありません。

 

ニキビ肌になると、皮脂を取り除く為に、何度も洗顔をしてしまう方がいます。

 

気持ちはわかりますが、過剰な洗顔は皮脂を取り除いてしまいます。

 

 

また、クレンジング同様ですが、洗顔後にお肌がつっぱる様であれば

 

洗顔料も優しいものを使う必要があります。

 

 

 

敏感肌でも使える洗顔料はコチラです。

 

 

 

やじるしVCOマイルドソープ

 

 

敏感肌の美容液・化粧水

 

 

敏感肌の美容液

 

 

 

敏感肌の場合は、多くのものを使わないで洗顔後は保湿美容液など

 

通常よりアイテム数を減らして使用しましょう。

 

 

また、敏感肌の方は、美容液・化粧水を使う場合は

 

なるべく無添加で刺激の少ないものが好ましいと思います。

 

 

また、使用時にお肌に沁みる様であれば、無理をしないで使用を中止する事も

 

大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌でも使えるコスメ・化粧品naviをブックマーク☆

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ